サーフィン用品・サーフショップ!
 HOME > サーフボードの基礎知識 


サーフボードの基礎知識


  もちろんこれがないとサーフィンできません。サーフボードには色々な種類と特徴があり、
  波乗りのスタイルによっても使うボードが変わってきます。

   ショート・ボード

      

  スピードやアクションを重視したボードです。180cm〜190cm前後の長さで、とにかく
  早い動きでの技やターンが得意ですが、他のボードに比べてパドリング・スピードが遅く
  バランスも難しいため、初めのうちはテイク・オフするのにも時間が掛かります。私は、こ
  のショートボードでのサーフィンです。


   ロング・ボード

      

  バランスが良いのと、ゆったりとした乗り心地のボードです。270cm〜300cm前後の
  長さと非常に長いため、保管場所や車に乗せるのにちょっと困る時も・・・。しかしパドリ
  ング・スピードは激早で、少々小ブリな波でもテイク・オフでき、さらにバランスが良いた
  めスタンド・アップも比較的簡単に出来ます。ターンはかなりゆっくり。


   ノーズ・ライダー、ファンボード(ワイド・ノーズ)

      

  ショート・ボードとロング・ボードの中間的存在。ノーズ・ライダーは240cm〜250cm前
  後くらいで、ファンボードは200cm〜220cmくらい。特にファンボードは、ショート・ボー
  ドよりパドリング・スピードが早くバランスも良い為、サーフィン入門の練習用や、ショート
  ボードでは小波すぎる予備ボードとして使っている人もたまにいます。


   ボードの名称

     

  @ ロッカー
      この角度が大きいほど回転性が良くなりますが加速が悪くなる。
  A デッキ
      この上に乗ります^^。
  B ボトム
      裏側。間違えてもWAXは塗っちゃダメですよ。
  C フィン(スケッグ)
      直進やターンに影響する部分。これがないと真っ直ぐ走りません。
      ボードを選ぶ時には、フィンが脱着できる「FCS」というタイプがオススメ。

      

  D ストリンガー
      ボードの中心部分に入っている線。木で出来ています。
  E レール
      ターンの時は、レールをしっかり入れましょう。
  F ノーズ
      ボードの先っちょ。尖ってて危ないので、せめて初心者のうちは「ノーズガード」
      というゴムで出来た物を付けた方がいいですよ。
  G テール
      ボードのおケツ。色々な種類があります。
      この付近にデッキパッチを貼ります。

  H リーシュ・カップ
      リーシュ・コード(パワーコード)を結ぶ穴。


   ボードの取扱いについて

  ボードはひじょ〜に壊れやすいです。ボードの保管は出来るだけケースの中に入れて、
  自宅の日陰へ保管しておきましょう。太陽の当たる場所や車内保管は、ボードの変色や
  日焼けの原因になりますよ。



              (サーフィン用品・サーフショップ!)HOMEへ

 
Copyright(c) サーフィン用品・サーフショップ! All Rights Reserved.