サーフィン用品・サーフショップ!
 HOME > 季節でのWAXの使い分け


季節でのWAXの使い分け



  WAXは、
  水温や季節によって、適応する 「やわらかさ」を替えるのが一般的。

  ワックスの柔らかさは、
  「COLD(寒い)」 ⇒ 「COOL(冷たい)」 ⇒ 「WARM(暖かい)」 ⇒ 「TROPICAL(暑い)」
  の順でやわらかくなり、
  それぞれ、使用する温度域(水温)に合わせたやわらかさの設定となっています。

  やわらかいワックスは・・・、
  低温でもほどよい柔らかさがあり、しっかりとしたグリップを発揮できますが、
  高温下では、逆にワックスが溶けて流れやすいのが特徴。

  かたいワックスは・・・
  高温の天候下でもワックスが溶け難く、さらに、熱によってほどよいやわらかさとなり、
  良い感じのグリップが得られますが、
  逆に、低温下ではワックスがかたすぎて、しっかりとしたグリップが得られません。

  ・・・という事なので、
  ワックスはけちらずに、最低でも年4回、四季に合わせて塗り替えましょうね〜 ^^

  また、ワックスを2層コートで使われる場合には、
  固めのワックスをベースに、柔らかめのワックスをトップとして使うのが基本。

  よく使われている 「SEX WAX・クイックハンプ」を例にすると・・・、
  柔らめの×1〜×3はトップコート。
  固めの×4〜×6はベースコート用として使われています。

    ※ もう少し詳しく ・・・ サーフワックス


  ちなみに・・・

  ワックスは、メーカーによってもやわらかさが異なり、
  (中には、10回くらい塗り込んだだけで無くなってしまうほどの、グニャグニャ・ベトベトに
   超やわらかいWAXもあります。

  また、ワックスの使い方にも、決まりなんて物はありません

  という事なので、

  ホームポイントに合わせたワックスや、ご自分のサーフィンスタイルに合わせたワックス
  を見つけるためにも、色々なメーカーや色々な組み合わせを試してみられて、
  いいんじゃない?って思える、ベスト・オブ・MY WAXを見つけましょうね〜 ^^



              (サーフィン用品・サーフショップ!)HOMEへ

  
Copyright(c) サーフィン用品・サーフショップ! All Rights Reserved.