サーフィン用品・サーフショップ!
 HOME > 「FCS」フィンの意味


「FCS」フィンの意味



  ボードを買った時のままでフィンがず〜っと付いた状態使ってませんか?

  フィンをボードに付けたままにしておくと、フィンとカップ(穴)の間などに塩が固着してしま
  って、イザ交換しようと思った時に取り難くなったりしますので、年に何回かぐらいはフィ
  ンを外してキレイに洗った方がイイですよ ^^

     

  「FCS」とは・・・、
  「フィン・コントロール・システム」の略。

  波のサイズや質、サーファーの好みやライディングスタイルに合わせて、フィンを色々付
  け替えて調整するのが本来の使い方。

  標準で多く使われているオールラウンド・タイプが「M5」です。
  (以前でいう 「G5」に該当するフィン)

  安定性を重視したフィンですが、大きな波の時にはフィン・サイズがちょっと小さくて、
  ヒザ前後の小波には少し大きいので小回りがイマイチになってしまいます。

  一番理想なのは・・・、

  「M5」を中心として、前後するサイズを1セットづつ持っておき、
  波のサイズが小さい時にはフィンを小さくしてクイックな動きに、
  波のサイズが大きい時にはフィンを大きくして、より安定性を高める使い分けがイイです
  よ ^^)/

  ちなみに、「M5」よりワンサイズ小さいのが「M3」、
  ワンサイズ大きいのが「M7」といったタイプになります ^^
  (※ フィンの種類は多いので、一例として)

  それと・・・、

  個人々の体重によっても、フィンに与える影響ってのがありますので、
  特に体重の軽い人(〜50kg)や女性の方には、ワンサイズ小さい 「M3」フィンをオススメ
  しますよ ^^)/

  テールスライドやスラッシュ系のトリック好みの人には、
  かなり小さい「M2」系のフィンも面白いかも ^^
  頭オーバーの波サイズでは、テールが抜けすぎてしまうかもしれませんが・・・。


  フィンを替えてライディングが変化・安定したり、技が決まりやすくなった!ていうのも良く
  ある事。

  ボードを買ったときから、フィンもそのまま・・・ という方は、
  出来れば色々とフィンを替えてみて、試してみる事をオススメしますよ〜 ^-^)ノ


   フィンの交換

  フィンを取る時には、六角ドライバーでネジを緩め、前後にフィンを揺さぶりながら引っこ
  抜いてやって下さい。
  フィンが取れたら、少し穴(カップ)を掃除してやって、交換するフィンを突っ込みます。

       

  フィンを取り付ける時にはフィンの向きに注意して下さい。
  左右のサイド・フィンは外側の面が丸みを帯びていて、センター・フィンはどちらの面も丸
  みを帯びています。

       
      サイド・フィン          センター・フィン

  フィンの先を見てもらえば分かると思います。

  フィンの締め付けは、前後のネジをある程度まで回したら、前後のネジを交互に締め付
  けて行きます。

  ゆっくり回していって、フィンに当たった時に手ごたえがありますので、
  そこから「クックッ」と、ほんの少し締め付けてやれば大丈夫です。


   フィンのチューニング

  チューニングと言ってもフィンに小細工をするわけではありません ^^
  フィンを色々と組み合わせて、自分なりの特性や好みに合わせるという事です。

  フィンのチューニングには色々とありますが・・・
  代表的なもので言うと、

  「センター・フィンを、サイド・フィンよりワンサイズ小さくセッティング」

  なんかがそうですね ^^

  ちなみに、このセッティングでは、
  テイクオフスピードや回転性を高めたり・・・ という効果が期待出来ます。

  フィンは、組み合わせだけでも色々と特性が変わるもの。
  先ずは、色々とフィンを試してみて、そこから組み合わせレパートリーを増やし、
  自分の好みに合ったフィン・チューニングを楽しんで下さいね〜 \(^v^



              (サーフィン用品・サーフショップ!)HOMEへ

 
Copyright(c) サーフィン用品・サーフショップ! All Rights Reserved.